がんの治療方法

頭を抱える男性

がんには多くの種類があります。その中でも比較的多い種類があり、肺や胃にできるガンは患者数が多いものとして知られています。
胃にできたガンは、早期発見を行うことで90%以上の生存率があります。
また、胃の表面の粘膜に異常が見られないまま、内部に腫瘍が浸透してしているステルス胃がんというものもあります。
通常のものでもステルス早期発見出来るものと進行が進んでいるものとでは、治療法や生存率が大きく異なってきます。
早期に発見を行うということが大切です。
また、標準的な治療法としては、外科的な手術がメインとなります。
腫瘍が出来た場所によって手術法が変わっており、胃を摘出する場合やある程度切除を行うということもあります。
胃だけでなくリンパ節に転移が認められた場合はリンパ節も一緒に切除する等方法が取られることもあります。

胃にできたがんは、比較的進行も遅く胃の切除だけで済むということも多いです。
しかし、発見が遅れた場合は、胃の外側にまでガン細胞が進行しているというケースもあります。
胃壁の血管に入ると血流に乗って肝臓や他の臓器に病巣を作るということもあります。
肝臓など離れた場所にがんの移動が見られた場合は、全身にがん細胞が及んでいることが予想されるので、手術よりも抗がん剤での治療を中心に行われることが多いです。
がんの再発防止として、日常生活でもいくつか気をつけることができるものがあります。
その中の一つが、食事です。野菜や果物等はガンの発病を抑制すると言われており、肉類はガン細胞の働きを活発にしていきます。
なお、運動は新陳代謝を活発にして精神的にもリフレッシュにつながります。
がんになった場合は病気の進行等に注意しながら、日常生活でも多くのことに気をつけていくことが大切です。

ピックアップ

早期発見で見つける

医師

胃がんは患者数が多いがんです。症状がわかりにくいことから早期発見が難しく、知らずに広がっていたということもあります。しかし、早期で発見された際には9割完治できると言われています。

More...

注意するべき場所

患者と医師

胃がんの中でも転移が見られれやすい所にリンパ節や腹膜、肝臓等があります。リンパ節は胃の切除の際に一緒に切除することが可能です。また、胃壁の血管から血液を介して別の所に行くということもあります。

More...

手術と再発防止

考える女性

胃がんは患部の切除を行うということが主な治療法となります。しかし、がんの進行具合や転移の状況によっては手術では対応出来ないことがあります。また日常生活で再発を防止する方法があります。

More...